屋外撮影とスタジオ撮影、ビジネス写真における印象の違い

屋外撮影とスタジオ撮影、ビジネス写真における印象の違い

ビジネスに使うかっこいい写真を撮ってもらいたい、けれど屋外での撮影がいいのか、スタジオでの撮影がいいのかわからないというお客様がいらっしゃいます。

今回は事業スタートアップやプロフィール写真でより多くのビジネスチャンスを掴みたいとお考えの方に、参考になる写真の違いについて解説していきます。

屋外撮影での大きなメリットは自然光のやわらかい光で爽やかな写真になることです。
背景に青い空や緑を入れることでより固い印象がやわらかくなります。

空間的なメリットでは、狭く機材が多い空間でじっと撮影しなくて済む、また、慣れない空間でどうしても緊張感が表情に出てしまうのですが、外での撮影を行うとより自然な表情を写すことができます。

一方、スタジオで撮影するメリットもたくさんあります。
屋外での撮影は天候に左右されることが多く、季節による気温の変化も撮影に影響します。予報が外れてしまった場合に思った印象の写真が撮影できなかった、というようなことがなく、スケジュール通りの撮影を行うことが可能です。

また、ビジネス写真としてご使用いただく写真はコロコロと変えるものではなく、長期的にご使用いただくパターンが多いです。Webサイトへの役員、代表取締役写真の写真や会社パンフレットへの掲載にご活用の場合はより「人にフォーカスした写真」ということが重要になってくるため、機材を使ってスタジオ内に綺麗な光を取り込みビジネスに特化した綺麗な写真を撮影することができます。

ストロボの強い光を使ってより強い印象の写真に仕上げたい、もう少し加工して人と違った印象の写真を撮ってほしいという方の声にも柔軟に対応いたします。

屋外での撮影、スタジオでの撮影、それぞれのメリットについて書きましたが、どちらのパターンで撮影してもお客様の魅力を存分に引き出して、今まで見たことがないくらい最高の1枚に仕上げます。

伝えたいイメージやメッセージ性をお客様とカウンセリングさせていただき、誰が見ても素敵だと思う印象の写真を撮影します。

「こんな風に撮ってもらいたい」「普段から写真を撮られるのが苦手で…」という方、しっかりビジョンがある方でもそうでない方でもお気軽に相談してください。なかなかカメラマンに要望や相談ができないという方でも、問題ございません。スタジオ728 for bizのカメラマンがカウンセリングを通してお客様自身の人となりや魅力を受け取り、完成した写真を見て笑顔になるような写真になるよう、一緒に仕上げていきましょう